2020年度版 受験生必読の1冊
created by Rinker
旺文社
¥2,860 (2019/11/15 15:04:43時点 Amazon調べ-詳細)
小論文

【初心者向け!】小論文のコツ6選

「受験やテストで小論文が必要になったが、何から手をつけていいか全くわからない人」

こんにちは、TKです。

私は小論文の書き方を、「たった1冊」の本だけで身につけました。

実際にその小論文を利用して、大学に合格した実績を持っています。

 

今回の記事では、小論文を書く上で押さえてほしい6個のコツを紹介します。

  • 作文と小論文の違い
  • 語尾の使い方
  • 理想的な文字数
  • 基本的な構成
  • 文字数やテーマによって構成は変わる
  • 手を動かそう

 

この記事を読んでもらえれば、「小論文を学ぶための土台」を作り上げることができます!

ここで教えるコツを知っているのと知っていないのでは、今後の学習効率に大きな差が生じるでしょう。

 

小論文のことをなんにも知らない「完全初心者」の人にぜひ読んでほしい記事です。

 

それではご覧ください。

作文と小論文の違い【小論文に感想はいらない】

まずは「作文」と「小論文」の違いをはっきりさせておきましょう。

  • 作文→自分の感想をまとめた文章を書く
  • 小論文→自分の主張をまとめた文章を書く

たった二文字しか変わりませんが、とても大きな違いです。

大事なことなので繰り返します。

作文では自分の感想を元に文章を書きますが、小論文では自分の主張を元に文章を書きます。

もう少し言うと、小論文には客観的視点や正しい知識が求められます。

理由は、小論文のテーマには社会問題が選ばれることが多いからです。

  • 問題を多角な面から見れているか?
  • 正しい事実を把握できているか?

という点を評価されています。

なので個人的感情はあまり必要ないんですね。

できる限り感情を排除して、事実や理論に基づいた文章を心がければOKです。

 

テーマによっては感情も必要?

いきなり矛盾したことを言うようですが、感情が必要な時もあります。

それは「あなた」のことをテーマに設定された場合です。

  • あなたの将来の夢は?
  • あなたが○○の職業を目指したきかっけは?
  • あなたが学生時代に頑張ったことは?

このようにあなたのことについて聞かれたら、むしろ感情的な描写も必要になります。

語尾の使い方【一瞬で身につきます】

小論文は作文ではないので「ですます調」の語尾で書かないほうが無難です。

小論文は「である調」で書きましょう!

「ですます調とかである調ってなんだよ…」と思われたかもしれません。

わかりやすく箇条書きにしましたので、目を通しておいてください。

【NG】ですます調

・~です

・~ます

・~でした

・~でしょう

・~ません

【OK】である調

・~である

・~だ

・~だろう

・~ない

感覚的に言うと、敬語を使わずに言い切る感じです。

ここらへんは無理に意識しなくても、自然と慣れてくるので心配いりません。

理想的な文字数【相手の立場になればわかる】

小論文に関する質問としてありがちなのが「何文字書けばいいんですか?」という問いです。

答えを言いますね。

制限文字数に近ければ近いほど良いです!

例えば「800字以内で書きなさい」という条件の小論文が出題されたら、できるだけ800字に近い文字数を書くのが理想です。

 

これはあなたが問題を出す立場になってみれば、簡単にわかることです。

仮にあなたが、「800文字以内で小論文を書いてきてね」と頼んだとします。

そして書いてもらった小論文を見た時、「300文字」で完結していたらどう思うでしょうか?

「こいつやる気ないな」と思うでしょう。

 

なので私は、小論文を書く時は「制限文字数の9割」を目標に書いています。

9割書いておけば、文字数で評価を下げられることはありません。

基本的な構成【ざっくり理解すればOK】

だいたいの小論文は、以下の3項目で構成されています。

  1. 序論
  2. 本論
  3. 結論

漢字の並びだけだとわかりにくいですよね…。

かみ砕いて言うと、

  1. 序論→テーマの情報整理、問題提起など
  2. 本論→自分の主張
  3. 結論→まとめ

こんな感じになります。

厳密に言うともう少し細分化できるのですが、まずはざっくり覚えてもらえばOKです。

細かい部分は書いているうちに身につきます。

①最初にテーマの話をして→②その後に自分の主張を書いて→③最後にまとめる。

この流れがオーソドックスな構成だと理解できれば大丈夫です。

 

参考として、「構成の1例」を詳しく解説しているページを貼っておきますね。

800字の小論文の「王道の書き方」教えます【私はこれで大学入りました】 この記事を読むメリット 800字の小論文の構成を習得できる 800字の小論文の解答例を見ることができる ...

また、あらゆるテーマで小論文を書いていますので、そちらも参考になると思います。

小論文・例文集はこちらから!

興味がある方はご覧ください。

テーマによって構成は変わる【柔軟に対応しよう】

  1. 序論
  2. 本論
  3. 結論

この流れが小論文の基本的な構成だと説明しました。

しかし、構成の中身はテーマによって柔軟に変えなければなりません!

例えば地球温暖化がテーマの小論文を書くとすると、

  1. 序論→地球温暖化の原因と影響
  2. 本論→地球温暖化の解決策
  3. 結論→今まで述べてきたことのまとめ

と書くことができます。

しかしお題が「あなたが学生時代に頑張ったことは?」だとどうでしょうか?

原因とか解決策があるわけではないので、構成の中身を新たに考える必要がありますよね。

このように、お題によって構成の中身は微妙に変わるのです。

実際の試験で慌てないためにも、どんなテーマにでも対応できる柔軟さを身につける必要があります。

その柔軟さを身につけるためには、いろんなテーマで小論文を書く訓練が必要だということを覚えておきましょう。

小論文・例文集はこちらから!

必ず手を動かそう【結局のところ努力は必要】

ここまで5つのコツについて説明してきました。

  • 作文と小論文の違い
  • 語尾の使い方
  • 理想的な文字数
  • 基本的な構成
  • 文字数やテーマによって構成は変わる

これらのコツを身につけるには、実際に小論文を書くことが不可欠です。

 

たまに「読むだけでOK」みたいな本がありますが、わたしはオススメしません。

「寝てるだけで100万円稼げる!」みたいな宣伝につられているのと一緒です。

結局のところ努力は必要だということを忘れないでくださいね。

まとめ

ここまで読み進めて頂き、ありがとうございます!

 

最後にこの記事で伝えたかったことを簡単にまとめます。

要点まとめ
  • 小論文には自分の意見が必要
  • 語尾は「である調」で書く
  • 文字数は制限文字数の9割が目標
  • 序論、本論、結論の3構成が基本
  • 全ての小論文が1つの型に当てはまるわけではない
  • 必ず手を動かそう

今回ご紹介した「コツ」を抑えてもらえれば、確実なスタートダッシュを切ることができるでしょう。

小論文の勉強頑張ってください!

今回の記事は以上になります!

「今回の記事が参考になった方」や「ブログを一緒に継続していきたい」という方は、ぜひツイッターのフォローをお願いします!

最後まで見ていただき、ありがとうございました!



RELATED POST