2020年度版 受験生必読の1冊
created by Rinker
旺文社
¥2,860 (2019/12/05 16:01:58時点 Amazon調べ-詳細)
小論文

小論文の採点基準とは?【3つのポイントを抑えればOK】

・「小論文の採点基準がわからない」
・「どのような小論文を書けば評価されるか知りたい」

こんにちは、TKです。

私は小論文の書き方を、たった1冊の本だけで身につけました。

実際にその小論文を利用して、大学に合格したという実績を持っています。

 

今回のテーマは小論文の採点基準です。

あなたもおそらく、「小論文の採点基準って何?どこまで書ければ合格できるの?」という疑問を持っていると思います。

確かに、小論文の採点基準ってよくわからないですよね…

実際どのように採点されているかは、ブラックボックスと言っていいでしょう。

 

しかし、ある程度の採点基準というのはあるはずです。

私はその基準を自分で考えて、実際の試験に反映させました。

結果として大学に合格できましたので、私が考えた採点基準は信頼できるはずです。

その基準を今回の記事でお教えします。

 

それでは、ご覧ください。

小論文の採点基準とは?【3つのポイントを抑えればOK】

結論から言いますね。

私が考える小論文の採点基準は、

  • 正しい知識を持っているか?
  • 自分の意見を持っているか?
  • 知識と意見をわかりやすく書けているか?

この3点です。

 

この3点を満たす小論文が書ければ、テーマに対する見識を十分に持っているとアピールすることができます!

そういったアピールができれば、自ずと合格点に達するはずです。

 

3つのポイントをご紹介しましたが、箇条書きだけだとわかりにくいですよね。

理解を深めるために、それぞれ深掘りしていきましょう。

正しい知識を持っているか?

この知識というのは、出題テーマに関する知識です。

 

例えばあなたが、医療系の学校の小論文を受けるとします。

そうなった場合、あなたには「医療に関する知識」が求められるでしょう

なぜなら、医療系の学校なので、「医療に関するテーマの小論文」を出題される可能性が高いからです。

 

学校側の立場に立って考えてみてください。

医療系の学校に、医療に関する知識が無い人が入学したら嫌ですよね?

なので、医療に関する知識が問われるような小論文を出題するのです。

 

そのテーマを通して「正しい知識を持っているか?」ということを見極められているのですね。

自分の意見を持っているか?

私は、「自分の意見」が小論文のメインだと思っています。

 

医療系の学校を受験する人ならば、医療に関する知識は持っていて当然です。

しかし知識だけでなく、自分の意見を持っていることも重要なポイントになります。

 

ではなぜ、自分の意見を持っていることが重要なのでしょうか?

それは自分の意見がなければ、何も考えていないのと一緒だからです。

 

少し厳しい言い方をしました。

しかし、自分の意見を書けなければ、読み手には「何も考えていない」という印象を与えます。

当然そんな印象を持たれたら、合格は厳しいですよね…

 

したがって、小論文の中で自分の意見は必ず書かなければなりません。

知識と意見をわかりやすく書けているか?

ここまで知識と意見を書く重要性を説明してきました。

しかし、ただ書けばいいわけではありません。

知識と意見は、読み手にとって「わかりやすく書く」必要があります!

 

小論文は文章を書かせるテストですから、文章力も採点に含まれていると考えるのが妥当です。

それに、わかりにくい文章を書いてしまったら、知識と意見が十分に伝わらない可能性もあります。

そうなってしまえば、合格点から遠ざかってしまいますよね?

 

したがって、わかりやすい文章を書く必要があります。

普段から勉強して、考える姿勢が必要

ここまで、採点基準の3ポイントについて解説してきました。

ではそのポイントを抑えるためには、どうすればいいのでしょうか?

答えは普段から勉強して、意見を考えることです。

 

シンプルな答えですが、これしかありません。

例えば私は「経済学部」の受験に小論文を使用することになったので、日々経済の勉強と考察をくりかえしていました。

 

地道な作業ですが、必ず勉強と考察の癖をつけてください。

なぜなら普段考えていないことは、書けと言われても書けないからです!

小論文の試験には当然制限時間がありますから、スラスラと文章を書けないのは命取りになります。

そうならないために、普段からコツコツ行動しましょう。

 

そして勉強と考察をしたら、必ず小論文を書いて表現しましょう。

同じことを言うようですが、普段やっていないことは本番でもできませんからね。

小論文の書き方は、以下のページを参考にしてください。

800字の小論文の「王道の書き方」教えます【私はこれで大学入りました】 この記事を読むメリット 800字の小論文の構成を習得できる 800字の小論文の解答例を見ることができる ...

まとめ

今回の記事の要点をまとめると、以下の2点に集約できます。

要点まとめ

・小論文では「知識」「意見」「文章力」が求められる
・小論文を書くためには、普段の積み重ねが必要

 

今回ご紹介した小論文の採点基準は、独自の考えで書いたものです。

しかし的外れなことは書いていないという自信はあります。

なぜなら小論文を書くときはいつも「読み手の立場」に立って書いていたからです。

 

この「読み手の立場に立つ」という視点を忘れなければ、自ずと良い小論文が書けるようになるはずです。

小論文の勉強頑張ってください!

今回の記事は以上になります!

もし、「今回の記事が参考になった方」や「ブログを一緒に継続していきたい」という方は、ぜひツイッターのフォローをお願いします!

ツイッターのフォローはこちら!

最後まで見ていただき、ありがとうございました!



RELATED POST