2020年度版 受験生必読の1冊
created by Rinker
旺文社
¥2,860 (2019/12/05 16:01:58時点 Amazon調べ-詳細)
小論文

【小論文・例文集】満員電車【解決方法は?】

・「満員電車について考察したい」
・「小論文が受験や就職活動で必要になった」

こんにちは、TKです。

私は小論文の書き方を、独学で身につけました。

実際にその小論文を利用して、大学に合格したという実績を持っています。

 

今回の記事は、小論文・例文集です。

お題はこちら。

お題:通勤ラッシュ時の満員電車は、現代人のストレスの原因の1つである。この満員電車を解消するためにどのような方法が考えられるか?あなたの意見を800字以内でまとめよ。

通勤通学で満員電車に乗っているみなさま。

お疲れさまです。

一向に解消する気配がありませんが、当然ですよね。

なぜなら誰も本気で解決する気が無いからです。

しかし、何かしら方法はあるはず。

この機会に、満員電車を解消する方法をあなたも考えてみてください。

 

今回の記事では「満員電車」をテーマに小論文を書いていきます。

それではご覧ください。

【小論文・例文集】満員電車【解決法とは?】

お題:通勤ラッシュ時の満員電車は、現代人のストレスの原因の1つである。この満員電車を解消するためにどのような方法が考えられるか?あなたの意見を800字以内でまとめよ。

① 都心の通勤ラッシュ時の電車は必ずと言っていいほど満員になる。満員電車によるストレスを感じている現代人は多く、そのストレスがその後の仕事や学業に悪影響を及ぼしている。ベストなパフォーマンスで1日を過ごしてもらうためにも、満員電車の問題は早急に解決しなければならない。

② 私は利用者が少ない時間帯の電車に乗る人に、何かしらの特典を与えるべきだと考える。理由は、その特典欲しさに通勤ラッシュ時の利用を避ける人が出てきて、満員電車の問題が解決されるからだ。具体的には、汎用性の高いポイントを与えるべきだ。そのポイントが貯まる仕組みを定期や電子マネーと紐付けすれば、利用時間の履歴と簡単に照合できる。日本人はコツコツとポイントを貯めることが好きな国民だ。その国民性を利用して、ポイントカードを集客に使っている企業は多い。したがって、ポイントという仕組みを利用すれば、利用者の少ない時間帯に人を流せるはずだ。

③ しかし「ポイントの財源はどうするんだ。ポイントを付与することは利益の減少につながる」という意見もあるだろう。確かに、ポイントを付与するのは当然企業の負担になる。満員電車を解消できても、利益が下がってしまっては企業が損をするだけだ。しかしこの問題は、電車賃を全体的に値上げをすることで解決できる。値上げによって得た利益をポイントに回せば、財源の問題は解決される。値上げの理由も、堂々とポイントに使うためと言ったほうがいい。そうすれば、より通勤ラッシュ時の利用を避ける動機付けがされ、ますます満員電車の問題が解決していくだろう。

④ 通勤ラッシュ時のストレスは日本の大きな社会問題である。その問題を解決するために、ポイントの仕組みを利用するべきだろう。国民性を利用したプランを実行することで、自然と満員電車は解決すると私は考える。

例文解説

通読お疲れさまでした!

 

「利用者が少ない時間帯の電車に乗る人に、何かしらの特典を与えるべき」という主張を軸に小論文を書いてみました!

 

この小論文は以下4つのブロックで構成されています。

  1. テーマ解説と問題提起
  2. 主張(利用者が少ない時間帯の電車に乗る人に、何かしらの特典を与えるべき)
  3. 主張に対する批判(ポイントの財源はどうする→値上げして得た利益を使う)
  4. まとめ

 

それぞれのブロックを簡単に解説していきますね。

①テーマ解説と問題提起

テーマの解説+問題提起という王道の書き出しです。

 

非常に使い勝手がいいので、ぜひ身につけてください。

②主張

①の問題提起に対する主張をするという、オーソドックスな書き方です。

 

主張に加えて「理由」「具体例」をいれたのがポイントです。

この2点を加えることで、主張の説得力が増します。

  • 理由→特典欲しさに、通勤ラッシュ時の利用を避ける人が出てくるから
  • 具体例→定期や電子マネーと紐つけて、ポイントを貯められるしくみを作る

③主張に対する批判

あえて自分の主張に対する批判を書くのは、小論文の鉄板テクニックです。

小論文が議論しているような形式になり、文章に深みが出ます。

 

しかし最後は、批判に反論して締めるようにしてください!

 

主張に対する批判だけ書いて終わってしまうと、悪い印象を与えたままになってしまいます。

それでは本末転倒ですからね。

  • 主張に対する批判→ポイントの財源はどうする
  • 批判に対する反論→値上げして得た利益を使う

④まとめ

最後は今まで述べてきたことを、表現を変えて短くしただけです。

②と③の重要な部分だけを抜き出して伝えれば十分でしょう。

 

オマケとして、今回と同じ構成の小論文を詳細に解説したページを載せておきますので、参考にしてください。

800字の小論文の「王道の書き方」教えます【私はこれで大学入りました】 この記事を読むメリット 800字の小論文の構成を習得できる 800字の小論文の解答例を見ることができる ...

 

「他の例文からも学びたい!」という人は下記のページへ。

小論文・例文集【定期的に更新中!】

複数のお題から学ぶことであなたの小論文の幅が広がり、どんなテーマにも対応できる力が身につきます。

テーマの振り返り、感想

今回は、すこし飛躍した内容になっています。

しかし、テクノロジーが発達した今なら十分できる話ですよね。

人間はお得情報に敏感なので、ぜひポイントで利用者を分散させるべきだと思います。

 

利用者が多い時間は割高に、利用者が少ない時間帯は割安に。

まさに需要と供給の法則を利用した、まともなプランだと思いませんか?

あなたもこの機会に、満員電車を解消する方法を考えてみてください。

思考を重ねれば重ねるほど、あなたの脳は成長していきます。

今回の記事は以上になります!

「今回の記事が参考になった方」や「ブログを一緒に継続していきたい」という方は、ぜひツイッターのフォローをお願いします!

ツイッターのフォローはこちら!

最後まで見ていただき、ありがとうございました!



RELATED POST