小論文の王道の構成はこちら

文章の質問箱

【文章の質問箱・第9段】最初に結論から 述べていいの?

この記事の内容は、YouTubeでも解説しています

こんにちは、TKです。

今回は以下の問に答えていきます。

悩む人
悩む人
小論文を書く時、最初に結論から述べていいの?

はい、これはですね、僕が作成した「800字の小論文の書き方」を教える動画によくつく質問です。

この動画では、以下の流れで書く構成を解説しています。

  1. テーマの解説(目安:150字前後)
  2. 主張(目安:250字前後)
  3. 主張に対する批判・問題点(目安:250字前後)
  4. まとめ(目安:150字前後)

この構成を知ったことで、「え?主張は最初に書いちゃ駄目なの?」という疑問を持つ方が結構いるみたいです。

では、さっそくこの疑問にズバリお答えします。

答え

結論から言うと、最初に主張を述べてもいいです。なぜなら、小論文の書き方に正解はないからです。

僕が動画内で紹介しているのはあくまでも構成の一例であって、正解ではありません。ただ、テーマの解説に多少触れてからの方が、テーマへの理解を示しながら主張も伝えられるという利点があります。

ここで言いたいのは、「主張から書き始めたい理由があるならそれでOK」ということですね。主張から書き始めることで自分の想いをスムーズに伝えられるのであれば、もちろんその方式で書いていただいて構いません。

世にあふれるアドバイスを参考にすることは大切ですが、後悔しないためにも、どんな構成で書くかは必ず自分自身で決断して下さい。

質問は動画のコメントやTwitterのDMにて受け付けています。

Twitter:TK

※全ての質問にお答えできるわけではないのでご了承ください。

 あなたの代わりに小論文・レポートを書きます
  1. ココナラを開く
  2. 論文の作成をサポートします 」と検索して、出てきたサービスに依頼する

詳細はこちら

例文集から学びたい方はこちら!
RELATED POST