【大学受験】小論文で合格できる書き方はこちら

小論文

【無料で読む方法あり】「小論文」という試験の本質を、ギュッとまとめた書籍を出版しました!【おしらせ】

この記事の内容は、YouTubeでも解説しています

この度、Kindleから初の書籍を出版しました!

created by Rinker
¥500
(2024/06/25 01:08:40時点 Amazon調べ-詳細)

※楽天での取り扱いはありません。

この本では、僕が導いた「小論文」という試験の本質を余すことなくお伝えしています。

今回はこの本の中身に加えて、無料で読む方法についても簡単に解説しますので、ぜひご覧ください。

どんな人に向けて書いた本か?

結論から言うと、

悩む人
悩む人
小論文のことがなにもわからん・・・

という悩みを抱えている人に向けて書きました。

初めて小論文に挑む時って、どういう方向性で勉強すればいいのか全く分からないと思います。マルバツ問題と違って、明確な採点基準がありませんからね。

「どういう方向性で勉強すればいいのか全く分からない」というモヤモヤを抱えながら勉強するのは精神的にかなり辛いものです。そのモヤモヤを解消できたらいいなと思って、今回本を書きました。

読むと、どんなメリットがあるか?

結論から言うと、「小論文の勉強に向けての心構え」を作れるメリットがあります。

なぜ勉強に向けての心構えを作れるかと言うと、本を読んで頂くことで本質を理解できるからです。僕は受験生の時、どのように勉強すればいいのかを一人でたくさん試行錯誤しました。また、その試行錯誤した経験を活かして、300人以上の方に対して小論文のサポートを行ってきました。

以上ような経緯があるので、僕は「小論文」という試験の本質をそれなりに理解できている自負があります。

本質を理解しているのと理解していないのでは、勉強に対するエネルギー量がまるで違ってきます。理解がある状態だと、今自分がやっている勉強が正しいと思いながら突き進めるので、グングン成長できます。ただ、理解がない状態だと、今自分がやっている勉強に疑問を感じながら進むことになるので、成長の速度が遅くなってしまいます。

成長速度の差は合否に直結しますので、本質をしっかり理解して頂いて、自信を持って勉強に励んでほしいと思います。

また、本書は小論文の本でありながら、「具体的な書き方の解説」にはあまり触れていません。なぜなら、あくまでも目的は「小論文の勉強に向けての心構え」を作ることだからです。したがって、勉強の方向性が完璧に定まっている場合は、今回の本は読まなくて大丈夫です。ぜひ勉強に励んでください。

無料で読む方法とは?【画像を使って説明】

本の価格は「500円」なのですが、実は無料で読む方法があります。それは、「Kindle Unlimited」を利用することです。

では、その方法を画像を使いながら説明します。

まず、下の画像にある「Amazon」か「Kindle」を選択します。(楽天はご利用頂けません)

created by Rinker
¥500
(2024/06/25 01:08:40時点 Amazon調べ-詳細)

「Amazon」か「Kindle」を選択すると、下のようなページが表示されます。(今回はパソコンで操作しています。スマホの場合多少異なる表示になりますが、ページの作りはほぼ一緒になっていると思います。)

上の画像の緑枠にご注目ください。「読み放題で読む」と書かれていますので、それを選択します。選択すると、下のページが表示されます。

上の画像の緑枠にご注目ください。「30日間無料体験」と書かれていますので、それを選択します。

「30日間無料体験」を選択したら、「上記プランで登録する」を選択します。これにて、今回僕が出版した本を無料で読めます。

ただ、1つ注意点があります。それは、「30日以内に解約しないと料金が発生すること」です。したがって、無料で読む場合には、読み終わった後に解約する必要があります。

ちなみに、解約する方法はめっちゃ簡単です。詳しくは下に貼るURLで解約する方法を解説していますので、参考にしてください。

【1分で完了】Kindle Unlimitedを解約する方法を4枚の画像で説明します【解約前後の注意点あり】

お願い

もしこの本を手にとって頂いた方は、ぜひアマゾンレビューもよろしくお願いします。

created by Rinker
¥500
(2024/06/25 01:08:40時点 Amazon調べ-詳細)

※楽天での取り扱いはありません。

レビューは非常に励みとなります。よろしくお願い致します!

 あなたの代わりに小論文・レポートを書きます
  1. ココナラを開く
  2. 論文の作成をサポートします 」と検索して、出てきたサービスに依頼する

詳細はこちら

例文集から学びたい方はこちら!
RELATED POST